除毛クリームを実際に試してランキング!比較したのは11種類!動画で分かるビフォーアフター有。「除毛クリームはたくさんあるけどどれがいいの?」と迷っている方に最適。

その他の方法

  • HOME »
  • その他の方法

その他の方法との比較

「除毛クリームで除毛するのと、他の方法で除毛するのと、どう違うのか?」って気になりませんか?嫁にいわれるまで「毛の処理」なんて考えたことが無いド素人の管理人は思いました。比較した結果、管理人は除毛クリームを選択したのですが、その検討のポイントをお伝えしますね。

カミソリ

いわゆるカミソリで処理することです。

管理人は、日々、顔のヒゲをヒゲ用のカミソリで処理していますが、それを腕や足に使うのは「怖い」と思いました。「失敗するんじゃないのか」、「痛いのではないか?」と思いました。たまに顔を切ることがあるからだと思います。

上等のヒゲ用カミソリは、900円~1500円。剛毛には使えないので、足に使えるカミソリを検索したら、足がぼつぼつした処理に失敗した画像や昔ながらのカミソリが出てきました。

シェービングフォームは、200円~400円ぐらいで買えます。シェービングフォームを顔以外に使っていいのか分かりませんでしたし、70gぐらいの容量なので、「どの程度持つのかな?」ということを考えました。

簡単じゃない(自分にやれるか分からない)、費用がどの程度かかるか分からない、時間がかかりそう、痛そう、といったネガティブなイメージが先行して、カミソリは辞めました。

毛抜き

毛抜きは、まず痛そうでした。「毛を抜くんですよね?痛いに決まってるじゃないですか!」と、管理人の人生経験からそう思いました。この時点で心が折れかけです。

毛抜きを調べると、100円~6500円ほどの価格差があります。いい毛抜きというのがあるのですね。ツィザーって言うらしいですね。

それから、手間と時間がかかりそうと思いました。家の中で新聞紙をしいて、その上で、1本1本丁寧に毛を抜いていく行為を考えた時に、とても日常生活の中に組み込むことは無理だと思いました。調べれば調べるほど、カミソリと同じように、頭の中が勝手にネガティブキャンペーンが展開されていきました。

ただ、VIOゾーンを脱毛ワックスで処理した後に残った毛は、ツィザー必須ですね。脱毛ワックスという一気にガッと処理してくれるものを利用した後、丁寧に1本1本抜くというのが、手間がかからないと思います。

脱毛ワックス

こちらは、「そもそもこれは何?」と思いました。床をきれいにするワックスがイメージされました。小学校のとき、独特の匂いのするワックスを塗って、雑巾で拭きとった思い出がよみがえりました。

次に、ワックスを調べると、レビューに書かれている「絶句するほど痛い」、「血がにじんできた」という言葉。昭和のど根性マンガのような言葉でディスられているのを見ると、「無いなぁ」と思いました。

それから、ワックスを塗って⇒それをはがす、というのも、面倒じゃないですか。実際面倒ですよ。

アンジェリカの愛用者の方から、睨まれそうですが、最初は、このように、脱毛ワックスに対しては、ネガティブなイメージしかありませんでした。

ただ、除毛クリームを使ったときに、VIOはできないということが分かってからは、①VIOをざっくり脱毛ワックスで処理して、⇒②その後、ツィザーを使って丁寧に処理するというのが、黄金パターンだと思いました。

VIOゾーンもOK!ブラジリアン脱毛ワックス「アンジェリカワックス」はこちら

エステ

ミュゼ、ワキ脱毛600円、トリンドル玲奈。電車に乗っていると、この3点セットが目に飛び込んできます。あと、エピレ、両ワキ脱毛250円、ローラの3点セットも。

永久に毛が生えてこないような処理をするようです。

基本的にエステでは、光を当てて、毛を作る組織を処理するということです。「光を当てて細胞組織を壊す」という言い方もできますね。

管理人の動機は、嫁に「足の毛がイヤ」と言われたことですので、「その程度で、細胞組織を壊すのはどうなのか?」という疑問で、モチベーションが上がませんでした。

あと費用ですね。嫁の友人Kさんは、埼玉の大宮で永久脱毛をしたのですが、「思い切ったなぁ」という価格でした。丸の内のOL(実家通いの独身)なら、海外旅行に行くのを1回、2回やめればいいのかもしれませんが、既婚者の管理人にとっては、インパクトのある金額ですので、パスでした。

美容外科

いきなりですが、パスでした。金額面が理由です。ちょっとついて行けません。

「小さいころから毛深いのがコンプレックスで、あだ名はケムクジャラ。いじめに合いました。夏でも長袖を着ています。

オシャレな恰好なんてしたことはありません。いつも自分を隠す癖がついてしまったためか、これまで異性と付き合ったことがありません。どうして自分だけ・・・と、辛くて泣いたこともあります。」

管理人的には、美容外科に行くのは、これぐらいの動機がないと厳しいです。気軽には行けないですね。もちろん、もっと気軽に行っている人もいると思いますよ。

方法は、レーザーで「毛を作る組織を処理する」というものです。「レーザーを当てて細胞組織を壊す」ということですね。